カロリーは高いがチキンカツでダイエット!やせる方法

チキンカツ カロリー

チキンカツは居酒屋にいけばかならずあるといっていい料理ですが、チェーン店のジョイフルや回転すしでおなじみのスシローにもメニューにあるくらいみんなが大好きな料理です。

タコは「ぷりっ」「こりっ」というか、独特の食感と歯ごたえが魅力で、刺身もおいしいですが、油を使って調理すると何とも言えない旨みがUPしてさらに食欲が増してきます。

居酒屋にもよく置いてありますが、チキンカツはビールやお酒にとても合いますよね。

いっけん、大量の油で衣をつけて揚げるチキンカツは、太るイメージが強い料理ですが、実はダイエットに向いている料理であったりします。

 

今回は、筆者が実践するカロリーが高い印象のチキンカツでダイエットをする食べ方、おすすめのレシピや摂取できる栄養素なとご紹介していきます。

チキンカツのカロリー

チキンカツ 1人前(150g前後)で 250kcal前後です。

チキンカツ 1人前だけだとそこまで太るカロリーに思えませんが、食べやすいのでさらに追加で頼んだりしてしまうとあっという間に500キロカロリーをこえてしまいます。

ちなみにチェーン店にあるチキンカツでカロリーを調べると、

ジョイフル
タコの唐揚げ カロリー202kcal

スシロー
タコの唐揚げカロリー:137kcal

と低カロリーに思えますが少ない量でこのカロリーです。

 

チキンカツでやせる食べ方

どんな食べ物でもそうですが、食事の量や脂質が多い食材を取りすぎると太ります。

ダイエット中にチキンカツをいただく場合、腹持ちが良いので適量を食べるようにして、よく噛んで食べるようにします。

さらに他の料理と組み合わせて一回の摂取カロリーをコントロールしてい頂く事も必要になってきます。

実際、筆者は、このやり方で特に運動もせず、チキンカツを存分に楽しんでいます。

 

チキンカツでとれる栄養素

チキンカツに使用される鶏肉には、「たんぱく質」が豊富で、

体を作る基本なわけですから食事からとりいれるべき栄養です。

その上で鶏肉にはダイエットもってこいな栄養素が多いです。

鶏肉からとれる栄養素

代謝を高めるイミダゾールペプチド
チキンカツの鶏肉には、「イミダゾールペプチド」という成分も豊富に含まれています。

イミダゾールペプチドには、強い抗酸化作用があり、
体を若返らせ、痩せやすい体を作ってくれます。

体の代謝をアップし、痩せやすい体を作る鶏肉はダイエットにもってこいなんです。

脂肪を燃焼するカルニチン
チキンカツの鶏肉には、「カルニチン」という成分も豊富に含まれています。

このカルニチンには、体に蓄積された体脂肪を燃焼してくれる働きがあり、
非常に高いダイエット効果を発揮してくれるわけです。

また、鶏肉のタンパク質で筋肉をつける事は、

体の基礎代謝を高め、結果的に1日の基礎代謝分カロリー

(なにもしなくても必要なカロリーの事)を高める事になり、

痩せやすい体を作ることができるのです。

チキンカツでダイエットのまとめ

チキンカツの腹持ちと食べごたえを利用してダイエットを提案してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

タコの刺身で食べるよりから揚げにして腹持ちをよくしたほうが、ダイエット中には効果的かと思います。

また、「少し揚げ物が食べたいなぁ」と感じた時にもトンカツやチキンカツも良いですが、チキンカツも織り交ぜたほうが、たこの噛みごたえの良さでダイエット中にはいいと思います。

ぜひ、参考にして頂ければ幸いです。