コロッケはカロリーが高いがやせる?ダイエット中にも◎おすすめの食べ方

コロッケ カロリー

肉屋のコロッケが大好きで、よく食べますが揚げたてのコロッケはおいしいですよね。

夜中にコロッケを食べたくなると近所にあるローソンやセブンイレブン、ファミリーマートのコロッケをつい買って食べてしまいます。

ちなみにコロッケはジャガイモと衣を油で揚げる調理方法でダイエット中には不向きと思われています。

実際食べ過ぎると太りますね。

しかし、腹持ちを利用する事で反対にダイエット中に強い味方になってくれる料理なんです。

そこで今回は、筆者がダイエット中にコロッケを利用したダイエット方法、食べ方、おすすめのレシピや摂取できる栄養素なとご紹介していきます。

コロッケのカロリー

コロッケのカロリーはプレーンなジャガイモに牛ひき肉が入ったやつで100gあたり160キロカロリー程度です。

これはよくある大きさのコロッケ1個あたりのカロリーでもあります。

コンビニのコロッケカロリー

ちなみにコンビニ各社で販売されているコロッケのカロリーを調べると、

ローソン
ゲンコツコロッケ 252kcal

ファミリーマート
常温惣菜 チーズカレーライスコロッケ 301.kcal

程度になります。

他のコロッケも調べてみましたが、プレーンなものだと 200キロカロリー前後のようです。

例えば、コロッケを一食に5個食べると1000キロカロリーをこえてしまい、カロリーオーバーになります。

 

コロッケの低カロリーさを利用してダイエット

コロッケはカロリーが高く炭水化物+油で作られてるので、筆者も基本的にはダイエット中におススメできません。

しかし、ダイエット中にどうしてもコロッケが食べたくなったら、「クリームコロッケ」をおすすめします。

理由としてクリームコロッケであれば主原料の生クリームが体脂肪になりにくく結果的にダイエット中の食事としてはおススメになってきます。

 

また、ジャガイモベースのコロッケもダイエット中に食べたくなる時があるでしょう。

そういう時は、ごはんの代わりに豆腐などといっしょに食べるようにします。
実際、筆者は、このやり方で特に運動もせず、コロッケを存分に楽しんでいます。

 

 

コロッケでダイエットのまとめ

コロッケの腹持ちを利用してダイエットを提案してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

コロッケをダイエットにうまく利用するには、揚げ物の脂っこさと腹持ちを利用する事です。

そうする事で腹持ちがとても良いので、結果的に食べる回数や間食が減り、一日の総合的なカロリーが抑える事ができてダイエット中にはおすすめの食べ物です。

「脂っこい物が食べたいなぁ」と感じた時はレコーディングダイエットの考え方を利用してコロッケを食べてください。

ストレスのあるダイエットはうまくいきません。ぜひ、参考にして頂ければ幸いです。