マグロのカマ焼きはカロリーは高いがやせる。ダイエットにもオススメ!

マグロのカマ焼き カロリー

大阪、日本橋の黒門市場内にマグロ専門店があるんですが、筆者はここのマグロのカマ焼きが大好きでよく食べます。

こちらのお店、カマ焼きは750円とすごくリーズナブルですが、みりんと醤油が香ばしく焼かれて、マグロの旨さ、味が引き立てています。

骨になるまで夢中にがっついてしまうおいしさです。

そこで、今回はマグロのカマ焼きをダイエット中に食べても大丈夫か筆者の経験を踏まえて紹介していきたいと思います。

マグロのカマ焼きのカロリー

魚のカロリーは、牛や豚などに比べ低いのはご存じかと思いますが、

アジ、イワシ、鯛など、魚のカロリーは100gで約150キロカロリー前後です。

サバなどの脂の乗った魚でも 100gで200キロカロリー前後と低カロリー。

その上でマグロは赤身が100gあたり約120キロカロリー程度で低カロリーですが、トロなどになると脂が多くなり100gで約350キロカロリー前後になりカロリーが高くなってきます。

ただ、しゃぶしゃぶにしたり焼いたりでカロリーの変動が多い事もあるので目安としてください。

ちなみに、マグロのカマ焼きは1人分(約150kcal)で200g程度が目安になります。

 

マグロのカマ焼きがダイエットに使える理由

マグロのカマ焼きは脂がのっていて、腹持ちが良いので自然と間食や食べ過ぎを抑える事ができます。

1日のトータル摂取カロリーをポイントに考えると、満腹感を得られるマグロのカマ焼きはダイエットに効果的な食べ物と言えます。

食べたいものを食べながら痩せることが出来るとダイエットも無理がなく行えるので、ダイエット中の食生活もストレスのない楽しいものになります。

太る原因は1日のトータル摂取カロリーを超えるため

筆者は、元々若い時からレコーディングダイエットや置き換えダイエットを無意識にできてたようで、脂っこい物を頂くときは、1日3食のうち2食は豆腐だったり軽い食事に無意識にしていました。

当時は自覚がなかったんですが、カロリーの高い物を食べる時は、他の食事で高カロリーなものを取らない習慣ができていたようです。

カロリーの高い物は、たいがい腹持ちがよくなるので間食が減り、結果的に1日の摂取カロリーを超えないような食習慣が養われていたわけです。

まぐろの栄養価について

まぐろは青魚でDHA・EPAを中心に体にいい栄養素が多く含まれている食材ですが、まぐろの主な栄養素は以下のとおりです。

DHA 血液中の善玉コレステロールを増やし、中性脂肪を減らす。脳の老化予防。
EPA 血小板の凝固を防ぎ、血栓を溶かすので血流が促進され中性脂肪を減し、脳梗塞予防・高血圧改善。

ビタミンE 血行を良くする。美肌・肩こり・腰痛・血管の老化予防
セレン 脂肪の酸化、過酸化脂質の生成を防ぐ。ガン予防、ガン転移抑止、狭心症予防、心筋梗塞予防。
亜鉛 脱毛、肌荒れ、味覚障害に役立つ。

鉄分 貧血予防

マグロのカマ焼きのカロリーとダイエットについて

マグロのカマ焼きのようなカロリーの高い食べ物はダイエット中には向かないと思われがちですが、食べごたえもあり、腹持ちが良いので結果的に考えるとダイエットに使える食品と言えます。

しかもマグロは魚なので、脂分もDHAとEPA等で血管にも良く健康増進にもおすすめです。

ぜひ、この無理なく減量に取り組むことができる、マグロのカマ焼きもダイエット中に取り組んでみてください!