串カツのカロリーは高いがやせる方法。ダイエット中の食べ方

大阪 串カツ カロリー だるま

筆者の住む大阪は串カツ大国で、おいしいお店がいっぱいあります。
だるまはご存じの方も多いでしょうし、食べ放題の串カツ店もいっとくさんや串家物語さんなど、増えてきてたりします。

1日の摂取カロリーが自分の必要となるカロリーを上回らなければダイエットができると本ブログでもお伝えしていますが、最近、知り合いから「なら串カツでもダイエットできるの?」と相談を受けました。

本日は大阪のソウルフードと言われる串カツがダイエットに使えるか、ダイエットにおすすめの具材、カロリー、食べる際の工夫等をご紹介していきます。

串カツのカロリー(1本)

豚肉:約180キロカロリー前後
牛:約180キロカロリー前後
スパラガス:約50キロカロリー前後
エビ:約50キロカロリー前後
イカ:約50キロカロリー前後
タコ:約50キロカロリー前後
玉ねぎ:約60キロカロリー前後
れんこん:約30キロカロリー前後
ウィンナー:約900キロカロリー前後

確かに串カツは高カロリーです。食べ方によっては太りやすいのは事実です。

串カツがダイエットに使える理由

串カツがダイエットに使える理由ですが、串カツは大量の油で揚げるのでダイエットにはまったく不向きに思えます。

ただ、上手に各食材の栄養バランスを見ながら食べれば、反対に油で揚げる串カツは、腹持ちがとても良いので、結果的に間食が減り、1日でみたトータルな摂取カロリーが超えにくい調理方法であるといえます。

1日のトータル摂取カロリーをポイントに考えると、満腹感を得られる串カツはダイエットに効果的な食べ物といえます。

串カツを食べてダイエットする際の注意

ダイエット中に串カツを食べる際、筆者独断になりますが、独自の食べ方がありますので、ここではダイエットを意識して高カロリーな串カツを食べる方法のコツを伝授してみます。

野菜の串カツから食べる。

串カツは、食べごたえが野菜の串カツでもあるのがミソで、野菜の串カツから食べる事がコツです。野菜から揚げて、食べ過ぎを抑えましょう。

※筆者おすすめ、アスパラガス、プチトマト、しいたけ類の串カツ

脂身のあるお肉の串カツばかり食べない

脂身のある肉の串カツだけだと高カロリーになるので、タンパク質系の串カツもエビやいか、タコをはじめとした魚介類の串カツ、たまごなどをまんべんなく食べましょう。

衣に注意

衣が多いと、その部分のカロリーで摂取カロリーがあがります。
衣が薄いお店で外食するか、自分で作るときは衣は少な目で食べましょう。

よく噛んでゆっくり時間をかけて食べる

これもあるあるですが、ダイエット中に串カツを食べる際に非常に大事事です。

よく噛んでゆっくりたべる事で満腹中枢を刺激して食べすきを抑えるというアプローチから重要です。

串カツを食べる日の食事は炭水化物なし、低カロリーな食事をする

筆者の経験談として、串カツは全体的にカロリーが高くなるので、その日の朝食、昼色は、我慢はしなくてよいですが、1日の総合摂取カロリーと糖質的な観点で炭水化物をとらないほうがよいです。

※筆者おすすめ こんにゃくラーメン 豆腐 ゆでたまご ステーキ(ご飯抜き)焼き魚等。

※お酒と頂くときは、ビールは禁物で、最初の1杯くらいにして、糖質の少ないハイボールか焼酎でいただきましょう。

まとめ

串カツはカロリーが高いというイメージでダイエット中には向かないと思われがちです。

上記でご紹介した筆者独断の食べ方で串カツを食べると腹持ちが良く栄養バランスを保てるので、結果的にダイエットに使える食品と言えます。

※ただ、毎日食べてると色んな意味できびしいので、1週間に一度くらいのバランスでダイエット計画を組みたててみてください。

食べたいものを我慢してダイエット食品などの腹持ちのしないものを食べていても、満足感を得られずストレスになって過食をしてしまい意味がなくなると思います。