カロリーは高いが他人丼でダイエット!やせる方法

他人丼 カロリー

鶏肉と玉ねぎを卵でとじたものをご飯に乗せたのが親子丼に対して、牛肉や豚肉などの肉類と玉ねぎを卵でとじて物を、ご飯に乗せた料理を他人丼と呼びます。

カロリー的には親子丼よりUPしがちの他人丼ですが、食べ方しだいでダイエットに向いているどんぶりです。

そこで今回は、筆者が実践するダイエットを意識した他人丼の食べ方、おすすめのレシピや摂取できる栄養素なとご紹介していきます。

他人丼でやせる食べ方

どんな食べ物でもそうですが、食事の量や脂質が多い食材を取りすぎると太ります。

他人丼も一回に食べる量、ご飯が多すぎてしまうと高カロリーな太る料理になるので注意が必要です。

ですから、他人丼でやせる食べ方としては、ご飯の量を少なめにして上の具材を多くする事がコツになってきます。

他人丼で使う肉は基本的に赤身で

他人丼をダイエットにうまく利用するには、赤身の実に近い赤身肉を使い、すこしだけ脂身の多い部位を使うのがコツです。

こうする事で濃厚な消化に時間がかかり、低カロリーでも腹持ちのよい食事になり、ダイエットに向いた料理になっていきます。

これはどの料理でもいえるんですが、腹持ちがいい食事を取ると、
結果的に食べる回数や間食が減るので、一日の総合的なカロリーが抑える事ができ結果的に痩せてくるわけです。

おすすめ他人丼レシピ

材料
肉→牛肉や豚肉で、脂身の少ない赤身肉と脂身が入った部分。

※筆者のおすすめ→牛肉と豚肉を混ぜ合わせると旨い!

玉ねぎを適当に切った物

卵→2個~3個

ご飯→できるだけ少量
ダシ→めんつゆ

作り方
1.先に肉とたまねぎをフライパン炒めます。
2.めんつゆを水で適度に薄めてたものを1にかける
3.煮えてきたら、卵でとじる

ごま油を香り付け程度に使う事で風味とごま油の栄養が取れておすすめです。

出来あがった具材ををご飯の上に乗せば、美味しくてダイエットに使える他人丼の出来上がりです。

他人丼でとれる栄養素

牛肉と豚肉を合わせて他人丼にすると、牛肉と豚肉のW栄養素が取れます。

しかも玉ねぎは豚肉といっしょに頂く事で豚肉のビタミンB1の吸収を促進して新陳代謝も活発になり、他人丼はダイエットだけではなく、パワーUPにも最高な料理なわけです。

豚肉と玉ねぎを掛け合わせた他人丼の素晴らしい栄養については豚肉を健康の為に食べる│ダイエットにもカロリーを気にすれば○でもご紹介してますので、併せてご覧ください。

ちなみに他人丼だけでは食物繊維は足りないので、いっしょにサラダなども食べるように心がけましょう。

他人丼でダイエットのまとめ

以上、ヘルシーな他人丼でダイエットをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ダイエットを意識した食事に共通することは、“ダイエット=高カロリー、油の取りすぎが禁物”という考えは間違いで、栄養バランスと腹持ちを考えた料理で食事を摂ることが重要です。

我慢や無理をしすぎずバランスを考えて食事をし、より一層ヘルシーで健康的な体つくりを目指しましょう。